プロポーズの時に婚約指輪は必要?不必要?

ポロポーズに婚約指輪は必要ですか

男性から女性にプロポーズをしようとする時、悩むのは告白する言葉、シチュエーションやタイミング、そして婚約指輪を用意するかどうかということが大きなポイントになってきます。悩みの種といっても良いものであり、特に最後の婚約指輪というのは悩みになる人が多いのです。そもそも成功すればいいのですが、失敗した場合にどうすればいいのか、ネガティブな人ならそこまで考えてしまって、購入するかどうかを悩んでしまうものですよね。

ジュエリーショップのキャンペーンから生まれました

そもそも婚約指輪というのは日本においては結婚指輪よりも由来が浅く、もっと大雑把にいえば高度成長期にジュエリーショップがキャンペーンのために打ち出したものなのです。西洋では深い意味がありますが、現代の日本においてはそれほど大きな意味を持ってはいません。それでも今に続いているのは特別感があるからで、女性はだいたいにおいてアクセサリーが好きですし、愛する人からの特別な指輪というのはもらって嬉しいものになるのです。

先のことを考えましょう

プロポーズの際に婚約指輪は絶対に必要なものではありませんが、あれば受け取る女性は喜ぶ、記念にもなります。しかしながら結婚を考えている場合、後にかなりの費用が掛かってくるので、懐具合が厳しい場合は無理をする必要はないのです。大切なのはこれからの生活なのですから、そういった自分の状態をしっかりと考え見極めてから購入を考えることが大事です。大切なのは結婚したいという気持ち、指輪はあくまで添え物に過ぎないと覚えておきましょう。

婚約指輪は別名エンゲージリングといい、結婚を申し込む際に男性が女性への気持ちを込めて渡すのが一般的です。

You Might Also Like